せんくら2006 出演者プロフィール
せんくら2006 出演者プロフィール
及川浩治(ピアノ)
OIKAWA Koji (piano)
100

仙台フィルハーモニー管弦楽団
Sendai Philharmonic Orchestra

指揮:鈴木織衛
conductor:SUZUKI Orie
1967年生まれ。4才の時からピアノを始める。84年ヴィオッティ・ヴァルセイジア国際音楽コンクールで第1位受賞。85年、国立音楽大学に入学。翌86年にブルガリア国立ソフィア音楽院に留学。87年にアレクシス・ワイセンベルクの公開セミナーに参加し、ワイセンベルク本人の意向により特に設けられた最優秀特別賞を受賞、練習用のグランドピアノを授与された。90年にマルサラ国際音楽コンクールにおいて第1位受賞。また同年、第12回ショパン国際ピアノ・コンクールにおいて最優秀演奏賞を受賞。92年、日本国際音楽コンクールにおいて第2位を受賞している。95年にサントリーホール(大ホール)にてデビュー・リサイタル。
これまでに国内各地でのリサイタルをはじめ、主要オーケストラとの共演を精力的に行っている。95年にはラムルー管弦楽団定期演奏会(佐渡裕指揮、サル・プレイエル)でパリ・デビューを飾る。97年よりミュージック・シェアリング(旧みどり教育財団)による「レクチャー・コンサート」でヴァイオリニスト五嶋みどりと全国各地の小学校、養護学校などで演奏。98年、札幌PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)に出演。99年のショパン没後150年には、「ショパンの旅」というタイトルのコンサート・ツアーを行い3万5千人をも動員するショパン・イヤー最大規模のイベントとなった。02年6月ワイマール州立歌劇場管弦楽団の日本ツアーソリスト、03年7月にはPMFオーケストラのソリストとして、04年には佐渡裕ヤング・ピープルズ・コンサートのゲストとして、全国各地で演奏。また05年8月にサントリーホール(大)で行なわれたデビュー10周年記念コンサートは満席となり、大成功を収める。ダイナミックな中に繊細さをも持ち合わせ、内面にダイレクトに訴えかける及川の演奏は多くの絶賛の声とともに幅広い層の共感を得ている。児玉邦夫・幸子、吉本美南子、コンスタンティン・ガネフ、ジュリア・ガネヴァ、ジャン=マルク・ルイサダの各氏に師事。CDは、BMGファンハウス(RCA RED SEAL)、日本コロムビア(DENON)より、ショパン、ベートーヴェン、リスト、ラフマニノフなどの作品集が発売されており、いずれも高い評価を受けている。最新アルバムは05年7月、エイベックス・クラシックスより「愛の夢」(AVCL−25038)をリリースしている。
公演スケジュール/Performance Schedule
100 10/9(月)14:15-15:00
イズミティ21/J大ホール
Izumity21/Grand Hall
<涙から希望へ〜20世紀が生んだ不滅の傑作をまるごと聴く>
<From Tears to Hope:The Masterwork of the 20th-Century>
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番  
Rakhmaninov:Concerto for Piano No.2 in C minor Op.18
このウィンドウを閉じる/CLOSE このページのトップへ/PAGE TOP