仙台クラシックフェスティバル せんくら2006
せんくらの楽しみ方

■ シエナ・ウインド・オーケストラ(管楽アンサンブル)

(1)オープニング — 2006年08月13日

こんにちは!シエナ・ウインド・オーケストラです。「せんくら」3日間では様々なステージを、盛り沢山のプログラムで企画しました。個人技の光るソロのステージ、楽器の魅力が際立つアンサンブルのステージ、通常より小さい25名編成でもハイパワーな吹奏楽のステージ、最終日ではコンサートの概念を覆すお楽しみ企画など、どのステージも目が離せません。

「せんくら」では、唯一の吹奏楽の出演ですが、実は日本には数百万人の吹奏楽愛好家がいるといわれているんですね。皆さんと一緒にコンサートを楽しみましょう。

「せんくら」一日目は、吹奏楽に使われる主な楽器をソロやアンサンブルなどで紹介していきます。最初のステージは、なんと0歳児でも入場可能です。英才教育のためはもちろん、学生さんがプロの音を間近に聴くチャンスでもありますね。トークなどを交えながらの楽しいコンサートになりますので、どなたでもお気軽にお越し下さい。

シエナのステージに関わらず、「せんくら」入門コンサートとしても、クラシック初心者の方も大歓迎です!きっと、音楽の、吹奏楽の、そしてシエナの!魅力にはまりますよ〜。

なお、あらためて説明しますが、シエナはプロの吹奏楽団です、決してコミックバンドではありません・・・
今日から始まります「せんくら」シエナのブログで、3日間各ステージの聴きどころを掲載していきます。Check it out !!

Tb塚本修也

〔←〕前のページに戻る


(2)シエナ☆フルーツ — 2006年08月14日

シエナ☆フルーツ 

『笛を吹くのが楽しくて、音楽をつうじてたくさんの人に出会えたら幸せっ!』 そんな想いを持った二人の“笛ふき”ユニット 『シエナ☆フルーツ』が秋の風に乗って仙台に登場!みなさんにおなじみのメロディーをお届けします。

名前の由来は、メンバーが「シエナ・ウインド・オーケストラ」のフルート奏者であるということと、フルート2本のユニットということで「フルート2→フルートツゥー→フルーツ」……。みたいなf^_^;。

ま、それはさておき、なんと!15年来のなが〜い付き合いの二人。同じオーケストラのメンバーでありながら、親友のようであり、姉妹のようでもあり…。リハーサルはいつも明るく笑いがたえません。今回はシエナ名物“仕掛け人”でもあるパーカッショニスト“荻原松美”さんをお迎えして、ますます何がとびでるかわからないお楽しみのステージをお届けします♪フルート二本+パーカッションが奏でる、楽しくて息がぴったりの音楽をどうぞお楽しみ下さい。

Fl金野紗綾香

〔←〕前のページに戻る


(3)「What is シエナブラス5?」 — 2006年08月15日

シエナウィンドオーケストラの金管セクションを中心に組織されたグループで基本の編成はトランペット4本、ホルン1本、トロンボーン3本、バストロンボーン1本、テューバ1本の10重奏ですが、今回、その中からとびきり活きの良い5人が飛び出し、五重奏をお聞かせします

今回のプログラムの聴き所は、全部!と言いたい所ですが、あえていうなら楽器紹介のコーナーですかね
金管楽器の吹きかたやその音色を小話を交えながら楽しく解説、これを聞いただけで金管楽器が吹ける様になっちゃう…かも!?

その他のプログラムではブラスならではの響きを、皆様がお馴染みの曲でお楽しみ頂きますよ〜
もしかしたら突然愉快な仲間が登場するかも…?
何が飛び出すか分からない、奇想天外なコンサート、軽快なトークと愉快な演出とともにお楽しみ頂ける事間違いなし!

さあ、みんな誘いあってシエナブラス5コンサートに集合!!

Tp上田仁

〔←〕前のページに戻る


(4)サックスカルテット — 2006年08月16日

我らシエナのコンサートマスター新井氏が率いるサックスカルテットは今回誰もが知っている日本の曲、ディズニーのナンバー、そしてサクソフォンには欠かせないジャズから皆様にお届けしていきます。

「どんぐりころころ」ではドングリが転がっていく様を各楽器のかけ合いで表していたり、歌詞の「お池にはまってさあ大変?」では突然転調してもの悲しくなって本当に大変そうになってしまったりと、あの曲がこんなに変わってしまったり、また「星に願いを」ではテナーサクソフォンの甘くて切ないメロディーがきっと心を打つ事でしょう。

他にも、各楽器のスーパーテクニック満載で聴いていて掛け値なしにカッコイイ!「私のお気に入り」など楽しめる事間違いないので是非聴きにいらして下さい。
それぞれ個性の違う4人が繰り広げる様々な音楽を楽しんで頂ければ、こんなにうれしい事はありません。

Asax栄村正吾

〔←〕前のページに戻る


(5)M8クインテット — 2006年08月17日

「M8クインテット」

“M8=ミュージックエイト”といえば…吹奏楽をやったことがある方なら、一度は吹いたことがあるかもしれませんね。かくいう私も小学校の頃からプロになった現在にいたるまでM8を演奏しています。

幅広い年齢層で楽しめる、親しみやすいフレーズいっぱいの曲を小編成でもリッチなサウンドのするようにアレンジされています。今回はシエナ・ウインド・オーケストラより、クラリネット、アルトサックス、トランペット、トロンボーン、ユーフォニウムの5パートで演奏致します。

たった5人で……しかもこの編成で……と、お思いでしょう??どんな響きがするのかは当日までのお楽しみです♪

Fl金野紗綾香

〔←〕前のページに戻る


(6)シエナ25 — 2006年08月18日

「シエナ25」

『シエナ25』はシエナ・ウインド・オーケストラのメンバー25人で結成された、小編成の吹奏楽ユニットです。今回のテーマは3つ!☆「TVonブラス」大人気“ビリーブ”や、なつかしの“ドリフ大集合!!”みんなの名作“サザエさん”“ドラえもん”など、「一度は耳にしたことがある!」TVから流れてくるゆかいな音楽をお送りします。

☆世界のマーチ
吹奏楽といえばマーチ!“ラデッキー行進曲”や「サル♪ゴリラチンパンジ〜♪」の替え歌でも有名な“ボギー大佐”、ジャズも吹きます♪“聖者の行進”など世界各国さまざまなマーチが大集合です。

☆ブラスの響きパート1&2
普段シエナ大編成でも演奏する曲を25名でエネルギッシュかつ、緻密なアンサンブルでお届けします!小編成ならではの透明感のある響きをお楽しみ下さい☆。゜

Fl金野紗綾香

〔←〕前のページに戻る


(7)最終日 — 2006年08月19日

いよいよ「せんくら」最終日、シエナラストステージの紹介です。なんと、今までのコンサートの概念を覆すような、体験型の企画のステージです。

先ずは、小編成の吹奏楽をしっかり聴いて頂いた後、次にこれを客席ではなくステージ上、いわゆるプレイヤーの隣で聴いたら、どのように聴こえるかという体験コーナー。わくわく!

次は、オーケストラを自分の音楽で自在に操りたい人のための、指揮者体験コーナー。わくわく!!普通は、プロのオーケストラの指揮など、1000円のみの入場料では出来ません。

その他に、小物打楽器でお客様と一緒に音楽を楽しむコーナーもあります。わくわく!!!そして、ファイナルステージは厳しい!?オーディションを勝ち抜いた方々との、合同ステージ「星条旗よ永遠なれ」の演奏です。シエナの公演では、お馴染みのコーナーですが、そこは「せんくら」、いつもの星条旗とは訳が違います。これを、シエナのメンバーを審査員に公開オーディション形式にしてしまいました。(詳しくは募集要項をご覧下さい。)

審査委員長いわく、上手ければ合格という訳でも無さそうですよ。音楽はパフォーマンスですので、音楽性に対して強いアピールがあると良いようです。さぁ、勇気あるチャレンジャー!シエナと一緒に星条旗を演奏して、「せんくら」涙のラストステージにしようじゃないか!

そしてこの3日間の音楽、シエナの演奏、参加の思い出などで、もっともっと音楽が身近で、かけがえのないものとなりますように・・・

Tb塚本修也

〔←〕前のページに戻る

〔↑〕 ページトップへ

(C)仙台クラシックフェスティバル2006実行委員会