せんくら2008 出演者プロフィール

せんくら2008出演者情報

松山冴花
Photo:Christian Steiner

松山冴花(ヴァイオリン)
MATSUYAMA Saeka 

出演公演

1
津田裕也(ピアノ)
80
津田裕也(ピアノ)

公演スケジュール

1 10/11(土) 10:30-11:15
仙台市青年文化センター/A.コンサートホール

Work To You! コンサート

〜仙台が育てた元気印のヴァイオリニスト、ニューヨークで後進の指導にもあたり躍進中!今年はクロイツェルで登場!〜

松山冴花(ヴァイオリン) MATSUYAMA Saeka

津田裕也(ピアノ) TSUDA Yuya

協賛:ToYoWorks

クライスラー
プニャーニの様式による前奏曲とアレグロ
ベートーヴェン
ヴァイオリン・ソナタ 第9番 「クロイツェル」
バッジーニ
妖精の踊り
80 10/13(月) 10:30-11:15
仙台市青年文化センター/A.コンサートホール

HITACHI コンサート

〜アニバーサリーイヤー作曲家の超絶技巧の数々を、仙台が育てた元気印のヴァイオリニストがお贈りします!〜

松山冴花(ヴァイオリン) MATSUYAMA Saeka

津田裕也(ピアノ) TSUDA Yuya

協賛:HITACHI

メシアン
主題と変奏
幻想曲
トロヤーン
ダンス〜メシアンへのオマージュ
サラサーテ
カルメン幻想曲
ツィゴイネルワイゼン
サパテアード

松山冴花
MATSUYAMA Saeka

「非の打ちどころのないテクニックと驚くべき芸術性を持ち、元気溢れる、しかし繊細で爽快な音楽を創り上げている」と評された松山冴花は、ニューヨークを拠点として、日本、ヨーロッパへと幅広い活動を展開している期待の若手ヴァイオリニストである。 2007年4月30日にはニューヨークのアリス・タリー・ホール修復記念のためのガラ・コンサートに 数多くの著名アーティストと共に出演した。 これまでに数多くの著名なコンクールで目覚しい成功も収めており、代表的なものとしてエリーザベト王妃国際音楽コンクール第4位(2005年)、仙台国際音楽コンクール第1位及び聴衆賞(2004年)がある。 また、マールボロ、シュレスヴィヒ−ホルシュタイン音楽アカデミー、タングルウッドなど多くの 国際的な夏期音楽祭にも参加している。 1999年には、初ライブ録音であるカール・ニールセンのヴァイオリン協奏曲がブリッジ・レコーディングスよりリリースされた。 兵庫県西宮に生まれ、2歳でヴァイオリンを始める。9歳でニューヨークへ渡り、ジュリアード音楽院のプレ・カレッジでドロシー・ディレー、ロバート・チェンに師事。プレ・カレッジ卒業後はグレン・ディクトロウ、ロナルド・コープス、マイケル・ギルバートに師事し、2007年ジュリアード音楽院修士課程修了。現在は、アメリカ・日本を中心に積極的にコンサート活動を行っていると共に、ジュリアード音楽院でロナルド・コープスの助手も務めている。

このページのトップに戻る
このウィンドーを閉じる