せんくら2007 出演者プロフィール
 

せんくら2007 出演者プロフィール

タン・シヤオタン (ピアノ)
TAN Xiaotang

出演公演

6082

 

公演スケジュール

60 10/7(日)15:00-15:45
せんだいメディアテーク/E.オープンスクエア

〜仙台国際音楽コンクール優勝、シヤオタンによるオールショパンプログラム〜

エチュード第13番「牧童」
華麗なる円舞曲第2番
軍隊ポロネーズ
別れのワルツ
ノクターン第1番
別れの曲
バラード第1番

82 10/8(月)11:30-12:15
仙台市青年文化センター/B.パフォーマンス広場

〜フランス音楽の名品を集めて〜

ドビュッシー
アラベスク第1番
ドビュッシー
月の光
ドビュッシー
ゴリウォーグのケークウォーク
ラヴェル
高雅で感傷的なワルツ
リスト
愛の夢
ドビュッシー
喜びの島

タン・シヤオタン
TAN Xiaotang

1979年北京生まれ。5歳よりピアノを始め、12歳で「中国希望杯ピアノコンクール」第1位入賞。1998年、北京中央音楽学院ピアノ科に首席で合格し、楊峻教授に師事。同学院在学中、数々の奨学金を獲得し、多数のコンクールやコンサートに出場、出演して高い評価を得る。2002年同学院を首席で卒業し、北京中央音楽学院大学院に推薦入学。同年、中国でも最も有名なピアノコンクールの1つである「中国アモイ(金の鐘賞)ピアノコンクール」にて第1位。2003年、更なる飛躍を目指しドイツのザールランド音楽演劇大学に入学し、学長のトーマス・ドゥイス教授に師事。また、ウゴルスキー氏、傅聡氏、譚眉文氏など、著名なピアニストにも師事して研鑚を積む。現在ミュンヘン音楽院修士課程において、ゲルハルト・オピッツ教授に師事。
2004年6月、第2回仙台国際音楽コンクール第1位を受賞。さらに聴衆賞ならびに在日フランス大使館賞を併せて受賞した。このコンクールにおいては、精緻な演奏技術と卓越した表現力が、評論家や聴衆から非常に高く評価された。また、2005年12月にはフランス パリにおいて第9回アニマート大賞ランコントル国際ピアノコンクールで第1位を受賞し、彼の才能を聴衆に強く印象づけた。
彼は、現在、若手ピアニストとして広く活躍しており、フランス、ドイツ、オーストラリア、日本、ポーランド、ポルトガル、モロッコ、中国など世界各地でリサイタルやコンクールに出演している。オーケストラとの共演も多く、中国国立交響楽団、中国中央歌劇院交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、モロッコ・フィルハーモニー・オーケストラをはじめ、さまざまなオーケストラと共演している。