せんくら2006 出演者プロフィール
せんくら2006 出演者プロフィール
森下幸路(ヴァイオリン)
MORISHITA Koji (violin)
 7 
4歳よりヴァイオリンを始め、8歳で米国ニューオリンズフィルハーモニー交響楽団と共演し、早くから才能を開花させた。桐朋学園大学音楽学部を経て、米国シンシナティ大学において特別奨学生として、名教師ドロシー・ディレー女史に学び、最優秀賞(オーナーズ表彰)を受賞。帰国後は、1988年から92年まで安田謙一郎弦楽四重奏団のヴァイオリン奏者を務める傍ら、小林道夫氏と「ベートーヴェン/ソナタ全曲シリーズ」を各地で開催するなど、ソロ、室内楽で活発な演奏活動を行う。89年から、サイトウキネン・オーケストラのメンバーとしてヨーロッパ、アメリカでの海外公演やサイトウキネン・フェスティヴァルに参加。94年から2000年8月まで、仙台フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスターを務める。その間、毎年東京でリサイタルを開催。96年からは、毎回テーマを設けて挑む『10年シリーズ/森下幸路ヴァイオリンリサイタル』を東京と仙台を中心に各地で展開。“クラシック音楽をもっと身近に”をモットーに独自企画された「音楽のタネあかしシリ−ズ」、「森下幸路コンサートシリーズ」なども積極的に開催する。99年には、ギターの福田進一と全国12都市で公演を行い、日本初演や異色かつ意欲的なプログラムに挑み高い評価を得る。これまでに江藤俊哉、アンジェラ夫妻他に師事。97年度宮城県芸術選奨新人賞受賞、平成16年度浜松市ゆかりの芸術家顕彰者。現在はソロ活動の傍ら、北欧アンサンブルコンサートマスターを務める。01年10月より大阪シンフォニカー交響楽団の首席ソロコンサートマスターに就任。
■共演
川畑陽子(ピアノ)
KAWABATA Yoko (piano)
5歳よりピアノを始め、1987年桐朋学園大学音楽学部を卒業。同大学ソルフェージュ研究員を経て、94年まで桐朋学園子供のための音楽教室講師を務める。海外ではニース、ザルツブルグ等の音楽祭に参加し、音楽祭記念演奏会に出演。オランダにおける国際コンクールでの伴奏者として、また、97年にはスペインのセビリャにおける芸術祭に出演するなど活発な演奏活動を行っている。ヴァイオリニストの森下幸路とは数多く共演を重ね、常に高い評価を得ている。これまでに、ピアノを徳丸聰子、J.ファッシーナ、B.シキ、G.ヨハネセンの各氏に、室内楽を山根美代子、野島稔、三善晃の各氏に師事。
公演スケジュール/Performance Schedule
7 10/7(土)12:15-13:00
仙台市青年文化センター/Bパフォーマンス広場
Sendai City Youth Cultural Center/Performance Square
<世界のヴァイオリン小品名曲選>
<Violin Popular Classics>
クライスラー:テンポ・ディ・メヌエット
Kreisler:Tempo di Menuetto
シベリウス:ロマンス op.78-2
Sibelius:Romance Op.78-2
クライスラー:美しきロスマリン
Kreisler:Schon Rosmarin Op.55-4
ビーチ:ロマンス
Beach:Romance in A major
クライスラー:ウィーン小行進曲
Kreisler:Marche miniature viennoise
スヴェンセン:ロマンス
Svendsen:Romance Op.26
モンティ:チャルダーシュ
Monti:Csardas
このウィンドウを閉じる/CLOSE このページのトップへ/PAGE TOP